全量買取【太陽光の全量買取制度とは?】

全量買取

全量買い取り制度について記しています。
HOME >

全量買い取り制度の基本

全量買い取り制度の利益や費用について

全量買い取り制度ってなに?

全量買い取り制度とは、発電した電力を全て電力会社に買い取ってもらう制度のことを言います。

普通の個人が家で設置している場合は10Kw以下の太陽光発電システムが多いです。

この場合は家庭用とみなされ、発電した電力のうち使用する量を引いた電力を電力会社が買い取ります。

これを余剰買取制度と言います。

10kw以上の太陽光発電システムを産業用と呼びますが、全量買い取り制度は産業用のシステムのみ対象としています。

メリット

やはり、余剰買取制度と比べて利益が違います。

家庭用の余剰買取制度の場合は、毎年の買取価格が変動します。

それに対し、全量買い取り制度の場合は設定時の価格で20年間、買取が継続できます。

この数年、買取価格が低下し続けているなかで、この価格が安定しているのは利益につながります。

しかし、家庭用と比べて産業用は設置時に費用と土地が必要です。

初期費用が高い分、プラスになるまでには数年の時間が必要になってきます。

当サイトの人気記事

 1番人気!全量買い取り制度について載せています。 

必要なパーツ、発電の種類


全量買い取り制度の基本

必要なパーツ、発電の種類

全量買い取り制度の利益や費用について


Copyright (C) 2014 全量買取【太陽光の全量買取制度とは?】 All Rights Reserved.